7/27 振り返る

0
     夏期講習はこちら
     
    <何度振り返るか?>
    夏休みが始まって1週間が経過した。
    この土日で、特に受験生はここまでの勉強を振り返るべきだ。
    課題に取り組むのは当然だが「消化するだけ」では伸びない。

    だが、「課題を終わらせるだけ」の計画表になっていないか?
    1回転だけでマスターできるだろうか?
    「出来た問題」と「出来ない問題」に取り組む回数が同じではダメだ。
    「出来ない問題」をこの土日で反復する。「解くのに時間が掛かる問題」も同様に。
    ここを親子でしっかりと確認することだ。

    受験生は夏に1日10時間の勉強をするように毎日伝え続けている。
    「10時間!」と驚いた人はやっていない人なだけ・・・。

    普段と同じ生活を送ることが大切で、学校の1時間目開始時刻から6時間目終了時刻まで、休憩をとりながらやって7時間確保(午前中3時間・午後4時間)。あとは夜に3時間すれば10時間到達。

    今までと同じことをやって、今までと違う結果を望むのは間違いだ。

    お問い合わせはこちら

    電話は097−545−7001です。


    7/26 夏休み、1週間経過・・・

    0
       夏期講習はこちら
       
      <取り組む時の表情>
      夏休みが始まって1週間が経過、表情に変化が出だした。
      特に受験学年の中3と小6。
      全員とはいかないが、夏休み前と比較すると授業のときの表情が明らかに違う。
      気のせいなんかではないから、その場にいれば誰でもすぐに分かる。
      ノートを取るポイントももちろん変わりだした。「ペンの軽い」子が増えた。

      成績は上がったり下がったりはしない。
      成績は上げたり下げたりするものだ。


      お問い合わせはこちら

      電話は097−545−7001です。


      7/25 大学のオープンキャンパス

      0
         夏期講習はこちら

        <親子で大学オープンキャンパスへ>

        近隣の各大学でオープンキャンパスが開催されますね。
        大分大学・・・8/8(木)
        熊本大学・・・8/7(水)10(土)
        九州大学・・・8/3(土)〜5(月)

        オープンキャンパスを高校生だけのものにするのは実に勿体ないです。

        親子で見学することをお勧めします。
        親子でその大学の「空気」を感じることができます。
        熊本大学は小学生の親子連れがとても多いです。(実際に行くと驚く!)

        子どもの将来に関していろいろな面でプラスの材料になるし、子どもの大学受験時、親子で共通の目標を持てます。


        お問い合わせはこちら

        電話は097−545−7001です。




        7/24 夏の勉強

        0
           夏期講習はこちら

          <夏に絶対する(させる)こと>

          「どんな教材を使うか?」
          「どんな勉強方法がいいか?」
          そんな二次的なことよりも、「朝9時から16時まで集中して勉強する」経験を積み上げる!

          模試当日、朝食抜き・テスト中に大あくび・休憩時間は机に突っ伏して寝る、といった情けない状態で、教材や勉強法を考えても効果はゼロ。「ココ」をます指導して直していかないと得点が伸びる訳はない。

          だから、夏期講習初日から受験生には「ココ」の重要性をずっと言い続けている。
          勉強持久力を親も子も意識しておくべきだ。「学力と得点力は別モノ」だ。

          テキストの問題を解く時、調べればすぐに分かることを空欄にしていないか?
          分からない問題こそが「伸びる素」だ。
          「分からない問題」を必死に考えなければ伸びない。必死に調べ、考えた上で習えば頭にしみ込み、伸びていく。

          「イタイ」だの「カユイ」だの「ネムイ」だのと言う(言わせる)場合ではないです。
          今まで、部活・行事・習い事が優先順位第1位だったはず。今夏は勉強が優先順位第1位になっているか?受験生は確認しよう。

          がんばる人・がんばりたい人は連絡下さい。

          お問い合わせはこちら

          電話は097−545−7001です。


          7/23 初めての「受験の夏」

          0

            夏期講習は
            こちら

            「受験の夏」が7/20に始まって、今日で4日目。
            3日間の勉強履歴を振り返り、「やるべき強化」がやれているかを確認しよう。

            例えば、「英語長文」「国語長文」「数学証明」「歴史記述」等々…。
            自分が集中して取り組むべき分野は分かっているはずだ。
            指示された学校課題だけでいいのか?

            「3日間、英語長文を毎日20題解いた」
            「3日間、数学証明問題を計50題解いた」
            「3日間で歴史の記述問題集を全部暗記した」
            といった「1点集中型学習」をするのが「受験の夏」だ。

            冬休みにこんなやり方の勉強はできない。

            「私が弱い科目は・・・だ」
            「その中の特に・・・が弱い」
            「その問題を自分で集める(塾で集めてもらう)」
            「・・・日間連続で1日に・・・題ずつマスターしていく」
            といった自己分析ができない時は、聞きに来て下さい。

            課題を終わらせるだけの夏休みになってはダメ。
            いくら悩んでも、反省しても、気合いを入れても、親が説教しても、自分で問題数をこなしていかないと出来るようになる訳がない。

            そして、
            親が応援すると子は更に伸びます。
            子が小さいとき、何度も転んで、すり傷を作って、でもそうしたから自転車に乗れたんです。
            その間、子は泣くのを我慢して一生懸命、親は傍にいて、ひたすら応援したんです。
            乗れた瞬間は親子で大喜びしました。
            受験勉強も「親子の共同作業」である点は全く同じですんで・・・。

            がんばる人・がんばりたい人は連絡下さい。
            上野丘高校目指して、ハードな夏になります。

            お問い合わせはこちら

            電話は097−545−7001です。




            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            スマートフォン

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            夢進学塾kanaL塾長
            書いた記事数:1212
            最後に更新した日:2019/05/23

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM